自己破産後どれくらいでカードローンが組める?

自己破産を行ってしまうと信用情報にその記録が記載されてしまうため、数年間はクレジットカードを持つことやローンを組むことは出来なくなってしまいます。カードローンや住宅ローンを組む際に金融機関はきちんと返済してくれる人にならお金を貸してくれますが、これまでに返済が滞ったことがあったり返済をしていない履歴がある場合には貸したお金を返してくれる可能性が低いため、審査の段階で落とされてしまうことになります。新たにカードローンや住宅ローンを組む場合には、金融機関が審査の際に参照する信用情報機関に記載された自己破産の記録が消えるまで待つしかありません。
信用情報機関によって自己破産があった記録は5年〜10年ほどは記載され続けることになります。通常、登録している企業にだけその情報を得ることができますが、自己破産などがあった場合には全ての信用情報機関でその記録が共有されることになります。
そのため、自己破産を行ってから5〜10年経過してから申し込みを行うようにしましょう。カードローンの場合には中小の企業なら審査が緩いため自己破産を行ってもお金を貸してくれるところがあると言われていますが、その場合には闇金がまぎれている可能性があるため注意が必要になります。また、自己破産の記録は家族には関係なく本人だけに記録されるもののため、他の家族で定期的な収入がある人に住宅ローンなどを組んでもらうという方法をとるしかありません。