カードローン契約の必要書類とは

カードローンの契約で必要になる書類は原則として身分を証明する書類のみです。
身分証明書に該当する書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、その他公的な証明書があります。外国人の場合は永住権が身分証明の代わりになります。
いずれも写しを提出することになるので原本は送りません。

 

また、必要に応じて収入を証明する書類の提出も求められることがあります。
消費者金融では、1社からの融資額が50万円を超える場合および全社合わせて100万円を超える場合に提出が規則となっています。銀行では消費者金融のような決まりはありませんが、各金融機関で提出を求める融資額を設定しています。目安として融資額が200万円〜300万円になると求められるケースが増えるでしょう。また、融資額に関係なく審査で必要と判断される場合もあります。
収入証明書は、給料明細、源泉徴収票、確定申告書などになります。身分証明も同様にコピーを取って郵送する、アプリで送信する、FAXで送る、無人契約機を利用するかのいずれかで提出ができます。

 

 

身分証明書は基本的に持ち歩いていることが多いので準備しておくほどではないですが、収入証明書はすぐに用意できるものではないので予め準備しておく必要があるでしょう。
こうした書類の確認が取れないと、せっかく審査に通過できてもお金を借りることはできません。スムーズに借入れを受けたいなら、忘れないように用意しておくようにしてください。