キャッシングの限度額は年収で決まる?

金融会社のキャッシングやカードローンで「最大500万円融資可能」などとうたっているものを目にすると、自分でも500万円借りることができるのだろうかと思ってしまう方も少なくないかと思われますが、誰でも最大融資額を融資してもらえるわけではありません。利用限度額は、各個人の収入などの属性情報や、現在・過去の借入状況などの信用状況に応じて審査されるものですから、いくらたくさんのお金を借りたくても、金融機関が審査によって定めた利用限度額以上の金額を借りることは不可能なのです。
ですが、利用限度額は一度決まられたらもう増加することはない、というわけではなく、増枠の申請を行うことも可能です。長く利用している優良顧客であれば、金融機関側から申し出があるケースもありますし、自分から申請をすることもできます。最初はどの金融機関でも限度額は低く設定されるものですので、もしそれ以上のお金を借りたい場合には相談してみましょう。
しかし、消費者金融を利用する場合には、総量規制の対象になりますので注意が必要です。総量規制により年収の3分の1以上の金額を借りることはできませんから、当然限度額も最大で年収の3分の1までしか増枠することができません。
銀行系カードローンの場合には総量規制の対象にはなりませんので、年収の3分の1以上の金額を借りることが可能ですので、もし大きな金額を借りたい、と思った場合には銀行系カードローンに申込みをした方がよいかもしれません。